サーマクール効果の持続期間は短いの?

サーマクールは電磁波を当てることでコラーゲンを変性させ、
真皮がそれに反発してコラーゲンを増殖させる仕組みを
利用するものだということでしたね。

それで気になるのは、サーマクールので得られる効果が
どれくらいの期間続いてくれるのかということです。

基本的効果は1年だけど・・・

前回の内容では、まず即時効果があって、
これは数週間続くだけということでした。

数週間といっても1~2ヶ月は続くのですけどね。

で、即時効果の終わりごろから、本命の効果が出てくるということでした。
コラーゲンが新たに生成されて増えるということでしたね。

肝心なのは、この本命の効果がどれくらい続くのか、
ということですよね。

サーマクールの施術後、2~3ヶ月たってから
本命の効果が動き始めるんですけど、だいたい半年後くらいまで
コラーゲンが活発に増殖します。

そしてその後さらに半年は、お肌のリフトアップ効果が続きます。

ということでだいたい1年程度、サーマクールによって
得られた効果は続くということになります。

だから1年に1回施術すればいいのかというと・・・
それはそうではないんです。

実は効果を1年よりもっと長くする方法があるんですね。

効果を延長させる方法がある

それは、サーマクールの効果が完全に消えてしまう前に
次の施術を行うことです。

サーマクールの効果が完全に消えてしまう2~3ヶ月前に
次の施術を受ければ、次の効果はさらに長い期間、
1.5倍程度の期間続いてくれます。

もちろんその期間には個人差がありますけど・・・

そして3回目の施術を、また効果が消える前に行うと
またさらに効果の期間が延びてくれます。

だいたいの目安として、最初の効果の期間を1年とすれば、
次は1年半、その次は2年という感じで伸びてくれます。

どうしてこういうことがおきるのかというと、
サーマクールは電磁波を当てることでコラーゲンを変性させ、
それを線維芽細胞に修復してもらうわけですけど、

完全に元通りになる前にさらにコラーゲンが変性させられると、
線維芽細胞は「これは一大事」ということでさらに頑張って、
コラーゲンを作り続けるようになるからです。

なのでサーマクールの施術は、
効果が完全に消えてから次を受けるより、
効果が消えてしまう前に次の施術を受けるほうが得、
ということになります。