肝機能障害の自覚症状

肝臓が悪いと顔色は黒い?黄色い?

肝臓が悪い場合は、肌の色が黄色くなる、
つまり黄疸症状が出るというのは有名です。
しかし、どす黒くなったり灰色になったりすることもあります。
なぜそんなことが起きるのかというと、
肝臓ではタンパク質が作られていますが、
肌のターンオーバーのためにはタンパク質が必要で
それが足りなくなれば肌も新しく入れ替わることが
できなくなるからだと考えられます。
もう一つは、肝臓では有害な物質を分解しているわけですが
肝機能が弱まれば分解が十分にできずに、
有害な物質が全身に広がって肌の状態も悪くしてしまう
ということも考えられます。
どちらにしても肝機能が弱ることで
血液の状態が悪くなることが原因となっています。
その結果として、肝斑というシミが
顔に広がることもあります。
顔の肌というのはデリケートですので、
異変が現れやすいんですね。
なので顔色が急に悪くなって心配だという人は
病院に行って診察を受けてみることをおすすめします。

肝臓病と便の色

肝臓の病気は、便の色の異変となって表れることもあります。
例えば便が白っぽくなることがありますが、
これは脂肪がうまく消化できていないのが
原因になっている可能性があります。
肝臓では胆汁が作られて、
それが脂肪の分解を助けているのですけど、
肝臓が悪くなったり胆管が詰まったりすると
この胆汁が分泌されなくなって
脂肪がうまく消化できなくなります。
その結果、便が白っぽくなったり
トイレの水に油が浮いたりするわけです。
また便に血が混じったり、
そのせいで便が黒っぽくなったりすることもあります。
こちらのほうが重症かもしれません。
これは肝硬変や肝臓がんの時に見られる症状です。
これらの肝臓病の時には肝臓の血流が悪くなっているせいで
消化器官周辺の静脈に行き場のない血液が殺到します。
それで静脈瘤ができてしまって、
その後それが破裂すると便に血液が交じるというわけです。
逆に吐血してしまうということもあります。

手の震えの原因は肝臓がん?

もちろん手の震えの原因はたくさんあるわけですけど、
その原因の一つとして、肝臓がんか肝硬変など
肝臓の病気もありうるということです。
肝機能障害によって、なぜそんな症状が
出てくるのかといいますと、
肝臓がカルシウムの代謝に関係しているからです。
肝臓はビタミンDを活性化するのですが、
肝臓がんや肝硬変によってその機能が失われると
ビタミンDが不足するようになります。
それによって、カルシウムの吸収も悪くなり、
体内でカルシウムも不足するようになります。
カルシウムは骨を作るだけでなく
筋肉の動きにも関わっていますので、
カルシウム不足により筋肉がうまく動かせなくなって
手の震えが起こるというわけです。
同様の理由からこむら返りが頻発するようにもなります。
単なる手の震えでも、実はとんでもない病気が
隠れていることがあるというわけですね。

青あざ・内出血・鼻血と肝臓がん

とくに肝臓がんに限るわけではありませんが、
ウイルスが原因となる肝臓の病気の場合、
青あざができやすくなったり、
鼻血や歯茎からの出血が起こりやすくなったり
という症状が出てきます。
これは、血液を固めるために働いている
血小板の数が減ってしまうことが原因です。
そのせいで出血しやすくなるわけです。
では肝臓が悪いとなぜ血小板が減ってしまうのでしょう?
血小板は骨髄で作られますので、
上記のような症状の場合まずは
白血病など骨髄の病気が疑われます。
では肝臓はどう関係しているのかというと、
まず、肝臓で、血小板生成に必要な
物質が作られています。
肝機能が衰えればこれが不足して
血小板の生成も進まなくなってしまうということです。
もう一つの理由として、肝硬変や肝臓がんなどで
肝臓の血流が悪くなりますと、
近くにある脾臓の血圧が高くなって腫れてしまいます。
そしてこの脾臓は血小板を破壊する働きがあるのですが、
腫れてしまうことで暴走して、必要以上に
血小板を破壊してしまうんです。
それで血小板が減りすぎてしまって、
出血しやすくなってしまうというわけです。
ということで、血小板数というのも
肝機能を調べるための数値として大事なんですね。

女性化乳房(にゅうぼう)の原因は肝硬変?

女性で胸が膨らむというのは自然なことですけど、
男性なのに女性のように胸が膨らんでしまうことがあります。
これを女性化乳房といいます。
その原因はいろいろあるのですが、
怖いのは、原因の一つとして肝硬変があることです。
男性の体においても女性ホルモンは生成されているのですが、
普通これは肝臓で分解されてしまいます。
ところが肝硬変によって肝臓の機能が失われると
女性ホルモンを分解できなくなってしまいます。
それで乳腺が発達してしまって
女性化乳房となってしまうということなんです。
ただ、女性化乳房だからといって
必ずしも肝硬変だとは限りません。
たとえば、肝臓の心配をする年代の男性であれば、
更年期によるホルモンバランスの乱れによっても
引き起こされることがあります。
また薄毛の治療薬などは、男性ホルモンをおさえる
働きをするものもありますので、
そういうものを飲んでいる人に
この症状が出ることもあります。
一般の人にはほとんどないこととして、
ドーピングによって引き起こされることもあります。
また、偽性女性化乳房というものもあります。
これは乳腺が発達するのではなく、
単に脂肪がたまっているだけの状態で
要するに肥満ということです。
以上のように原因はいろいろですので
肝硬変と即断することはできません。

手掌紅斑の原因は肝硬変?

手掌紅斑というのは名前のとおり、
手のひらに紅い斑ができるという症状です。
特に親指の付け根などの膨らんだ部分にできやすいですね。
これもおさえると消えますけど
手を離せばもとに戻ります。
原因としては肝硬変のことが多いようです。
ただ、これだけで肝硬変と決めることはできませんので
いろいろな検査をする必要があります。
手掌紅斑ができるメカニズムは
クモ状血管腫と同じです。
つまり、肝硬変によって肝機能が失われてくると
ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
それによって手のひらの毛細血管が異常に拡張し、
紅斑となって現れるというわけです。
白目の部分や肌が黄色くなった、
そして手のひらは赤くなった、
ということでしたら、肝臓の病気がかなり進んでいる
ということですので一刻も早く
何か手を打つ必要があります。

クモ状血管腫の原因は肝硬変?

クモ状血管腫というのも、肝臓の病気の際の
自覚症状として現れることがあります。
原因としては肝硬変ということも多いですが
急性肝炎など、それほど症状が進んでいない場合でも
出ることがありますので、これが出たからといって
絶望的になることはありません。
顔に出たり、胸に出たりということが多いです。
見た目としては、蜘蛛が脚を広げているようにみえる
ということでこの名がついています。
また真ん中辺りが脈を打っていることがあり
ここをおさえると血管腫が消えてしまう
こともありますが、離せばもとに戻ります。
なぜこんなものが出てくるのかというと、
上記の病気によって、肝臓の機能が衰えることで
ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。
それによって、毛細血管が部分的に
異常に拡張してしまって、クモ状血管腫となる
というわけなんです。
見た目からして不気味ですので、
これを見つけると怖くなってしまいますけどね・・・。

腹水の原因は肝臓がん?肝硬変?

あまり自覚症状のでないと言われる肝臓の病気ですが、
腹水という形で出てくることがあります。
この場合は、肝臓がんという可能性もありますが、
肝硬変や慢性肝炎であっても腹水がたまる場合があります。
自覚症状、自分でわかる体の異変としては、
おなかが張ってくるというのがあります。
ただ、肝臓が悪いため、おなかは出てきたのに
おなかより上は痩せてきた、という変化も見られます。
また、お腹がはることで青筋が見えるようになることもあります。
それから体内に水分がとどまるということで
尿の量が減るということもあります。
おなかだけでなく脚にも水がたまりますので
足がむくむという症状も出てきます。
脚をおさえるとへこむけど、それがなかなかもとに戻らない、
という異変も見られます。
なぜこんなことが起きるのかというと、
上記の病気によって肝機能が衰えると
タンパク質であるアルブミンの生成が不足するからです。
アルブミンは浸透圧に関わり、
体内の水分のやりとりを調節する役割があるので
それが不足すると水分調節がうまく行かなくなり
腹水がたまってしまうということなんです。
どうあれ、腹水がたまる状態というのは
肝臓の病気としてはかなり進行した状態と
考えてよさそうです。

黄疸の原因とビリルビン

黄疸は肝臓または胆管の病気に特徴的な症状ですので
これがでた場合はもう肝臓が悪いとほぼ断定できます。
例外的に体質的黄疸といって、肝臓由来でない黄疸が
出ることもあるのですが、これは急に出てくるものでもないので
区別しやすいことと思います。
さて、肝臓や胆管が悪いと黄疸が出るのはなぜかといいますと、
これはビリルビンという物質が原因になっています。
ビリルビンというのは黄色い色素なのですけど、
赤血球が寿命を終えて、分解された時に生じるものです。
このビリルビンは血液に乗って肝臓まで運ばれ、
肝臓で処理されて胆汁に混ざって排出される
というのが健康な場合のパターンです。
ところが胆管が詰まったり、
肝臓に障害が起こったりして胆汁が流れなくなると、
血液中のビリルビンは回収されないということに
なってしまいます。
ビリルビンが血液中で増えていく結果となりますが、
黄色い色素ですので、これが増えれば
まず目の白い部分が黄色くなり、
それから肌が黄色くなってくるというわけです。
つまり黄疸となって出てくるということですね。