AST(GOT)の方が高い?ALT(GPT)の方が高い?

スポンサーリンク

ALT(GPT)は主に肝臓に存在

血液検査でわかる肝臓の数値で
もっとも有名なものはASTとALTですね。
昔はGOT・GPTと言っていたものです。
どちらも体内に存在する酵素の一種なのですけど、
ASTの方は肝臓以外の器官にも存在します。
ALTの方はほとんど肝臓に存在します。
そしてそれぞれ特徴があります。

ASTのほうが敏感に上昇・下降する

肝炎になった場合は
まずASTの方が上昇して、次にALTが上昇します。
ALTの方が血液中に長く存在し続けますので、
肝炎が進行するとALTの方が高くなります。
慢性肝炎になるとそのパターンが多いです。
また、肝炎ではありませんが、
長く続いている脂肪肝でも
ALTの方が高いということが多いです。
肝炎が治ってくると、上がった時と同じように
ASTが先に下がって、ついでALTが下がります。

肝硬変など深刻な肝臓病の場合

ただし、数値が下がってきたから治癒した
とはいえない場合もあります。
なぜなら、肝炎から肝硬変に進んでしまった場合、
どちらの数値も下がってしまうからです。
またこの場合、ALTの方がASTより低くなります。
これは上で書いたとおり、
ASTは肝臓以外にもたくさん存在するからです。
ALTの方はほとんど肝臓だけですので、
肝硬変にまでなるということは
ALTの存在場所である肝細胞自体が
消えているということだからです。

AST、ALTを下げるには

肝細胞を元気にすればAST・ALTは下がる

AST、ALTの数値を下げるためにすることは
ガンマGTPを下げるためにすることと変わりありません。
つまり、肝臓への負担を減らして元気になってもらうということです。

アルコールだけじゃない!

アルコールの量を減らす、
休肝日を設けるというのはもちろんなのですけど、
脂肪摂取も減らすというのは大事ですね。
もちろん、脂肪も大事な栄養素ですので
適度に取る必要はありますが、取り過ぎはよくありません。
脂肪も、肝臓に負担をかけてしまいます。
脂肪肝はその最たるものです。
※メモ
なぜ脂肪が肝臓に負担をかけるかということですが、
一つには、脂肪は活性酸素と結びついて過酸化脂質となり
周りの細胞を傷つけるということが挙げられます。
もう一つは、脂肪は細胞内でミトコンドリアの暴走=バーンアウトを引き起こし
それが肝細胞の破壊につながるということが挙げられます。
また昔からよく言われることとして、
脂肪によって細胞が腫れる=バルーン現象によって
物理的に肝臓が圧迫され、血行などが悪くなる
ということもあります。

健康のための当たり前のことをする

バランス良い食事をするという、
いたって当たり前のことをしていくのが
大事なんですね。
また、AST、ALTを下げることが期待できるサプリもあります。
スルフォラファンなどは、動物実験ではありますが
AST、ALTを下げることが確認されています。

AST、ALTの正常値と高値

意外に狭い正常値の範囲

肝臓に異常があるとAST、ALTの数値が高くなるということですが
ではどれくらい高ければ危険!といえるのでしょうか?
まず、正常値は以下のようになっています。
単位はIU/lです。
AST:10~33
ALT:6~35
ちなみにこれより低い数値については問題ありません。

この数値のうちに元に戻すべき

次に黄色信号ですが、
AST:34~69
ALT:36~99
となっています。
このあたりですと生活改善で元に戻すことができそうです。

この数値だと危険

では赤信号、危険域はと言いますと、
ASTは70以上、ALTは100以上となっています。
こういう数値が出た場合は、
すぐに病院に行って医師の診断を仰ぐべきでしょう。

「異常値だけど低め」が最悪の場合も

危険域とはいえ、そんなに高くないから・・・
などと言っている場合ではありません。
肝硬変や肝臓がんなどの場合は、
AST、ALTが低めに出ることがあるからです。
肝細胞が壊れすぎてしまって、
もう放出するAST、ALTが減ってきているということです。

ASTとALTの違い

似ているけど違う

ASTとALTは血液検査の数値としては
ともに肝機能障害を推測させるものなのですけど、
2つ項目があるからにはそれぞれ特徴があります。
ASTのほうは肝臓だけでなく、心臓や骨格筋、また赤血球内にも
存在するんです。そしてALTのほうは特に肝臓に多いんです。


AST・・・肝臓、心臓、骨格筋、赤血球
ALT・・・肝臓

激しい運動でASTが上がることも

だから、ASTだけが高いという場合は、
心臓や筋肉、血液など、肝臓以外の病気も考えられます。
骨格筋に多く存在するので、血液検査の前に
激しい運動をすると、筋肉の細胞が壊れて
ASTの数値が上がることもあります。

両方高ければ、肝障害の疑い

どちらも高い場合は肝臓の障害が考えられますが、
どちらかといえばASTの方が高い、という場合は
急性肝炎の場合が多いです。
なぜならASTはALTに比べると上がりやすく下がりやすいからです。
なので「急性」の場合、まずASTが上がってきます。

とくにアルコール性肝炎の場合はASTがALTの
2倍近くになってしまうことがあります。

深刻な病気の場合はピーク時より下がる

肝臓がんや肝硬変でもAST優位になるのですけど、
これは肝細胞がたくさん消えてしまっているせいで、
AST、ALT全体としては肝炎の時より数値が低くなります。
つまり、肝細胞自体の数が減ってしまっているから
AST、ALTの放出も減ってしまったというわけです。

ALTの方が高い場合

ALT優位になる場合としては、
脂肪肝や慢性肝炎があります。
これは、どちらも長期間患っている病気ですので、
ゆっくり上がってきて長く血液中にとどまる
ALTのほうが高く出やすいということですね。

AST、ALTと肝機能は関係あるのか?

肝臓の数値といえばまずこれ!

血液検査で肝臓のことを知りたい、という場合、
真っ先に見るのはガンマGTPではなく
AST、ALTという数値です。
それぞれ、「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」
「アラニンアミノトランスフェラーゼ」の略称で、
昔はGOT、GPTと言っていたものです。

これ自体が有害なのではない

働きとしては、アミノ酸を作るための酵素です。
だからこれが血液中で増えたからといって
これ自体が害を及ぼす訳ではありません。
じゃあなぜ肝機能と関係あるのか?

肝細胞が壊れると、流れだす!

これらはもともと肝細胞の中で働いているんです。
それが血液中で増えているということは、


肝細胞がぷちっと壊れてしまって、
その中からAST、ALTが出てきているということです。

つまりこれらの数値が高いということは、
肝臓に負担がかかり過ぎていて
肝細胞が次々と死んでいるということです。
※メモ
LDLコレステロールのように、
それ自体がなにか悪いことをしているわけではありません。
肝臓の細胞が壊れて、細胞という「住処」にいた
AST・ALTという酵素が、居場所を失って
血液中を放浪しているというわけ。
宿なしですね。

GOT、GPTとは

死語になりつつある

GOT、GPTという数値が血液検査であったのですが、
最近はあまり使われなくなっています。
この項目がなくなったのではなく
呼び名が変わったからです。

GOT→AST
GPT→ALT

このように変わりました。
国際的な呼び名に合わせたんだそうです。

GPT? GTP?

まあGPTだとガンマGTPとごっちゃになりそうですし
まちがってガンマGPTと言ったりして
わけわかんなくなっちゃいますので、
呼び名の変更はいいのではないでしょうか。

どちらもアミノ酸を作る酵素

ちなみにGOTは略さずに言うと
「グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ」
GPTは「グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ」
となります。
どちらもアミノ酸を作るための酵素ですが、
これがなぜ肝機能を診断する数値になるのかは
AST、ALTのところでお話したいと思います。
※メモ
GOT、GPTという呼び方は、
現在は日本だけ使っているもののようです。
日本の医学会が自らにプライドを
持っているということなのでしょうか。
「誰が外人の呼び方なんかに合わせてやるかよ!」
という感じなんでしょうか。
でも国際的にはAST・ALTとなってきているようです。