美肌に必要な栄養素~コラーゲン?いやいや…

美肌のためにはどんな栄養素が役立つかということなんですが
美肌のための栄養成分というとコラーゲンとか
ヒアルロン酸とかすぐに思い浮かぶかもしれません。

もちろんそれらも大事で、経口摂取しても
肌のために役立ってくれるのですけど、
ここではもっと根本的なことを考えてみましょう。

肌細胞の元気を考えると…

肌を作っているものとして大事なのは、
なんといってもまず肌の細胞ですよね。

表皮の細胞が分裂するから
肌はターンオーバーしてくれるわけですし、

真皮の線維芽細胞は、コラーゲンやヒアルロン酸その他を
作ってくれてるんでしたね。

ということで、美肌のためを考えるなら
まず細胞のための栄養素を考えねばなりません。

細胞の素材

細胞の素材になるものとしてはアミノ酸や脂肪があります。

そう、脂肪も大事なんですよ。脂肪の一種、コレステロールですね。
コレステロールというと悪いイメージがあるかもしれませんが
細胞を作るためには不可欠なんです。

それからコレステロールって、細胞だけじゃなくて
女性ホルモンの素材にもなります。
これまた美肌に必要なものですよね。

無理なダイエットをして脂肪が不足してしまうと
肌がぼろぼろになってしまうのはこのためです。

それからアミノ酸ですけど、
これはもとはといえばたんぱく質ですね。

たんぱく質を分解するとアミノ酸になりまして
これが細胞の素材として重要です。

細胞だけでなく、いろいろな酵素の素材にもなります。
酵素というのは細胞のあらゆる活動に必要なものですので
これまた美肌には欠かせません。

なので菜食主義は美容に役立つようで実は逆効果なんです。

また、アミノ酸はコラーゲンの原料にもなりますね。

細胞が働くためのエネルギー

細胞が働くためにはエネルギーが必要ですが
そのエネルギーの元になるのは糖質です。

ただ糖質が不足しても脂肪が分解されて使われますので
それほど問題にはなりません。

それで糖質制限ダイエットが成り立つというわけです。

しかしこれもやりすぎてしまうと逆に健康を損ないますので
程度を考えることが必要ですね。

細胞のエネルギー代謝においては
クエン酸が大事な働きをします。

クエン酸というと疲れが取れるイメージがありますが
これはエネルギーを効率よく使うことを助けてくれるからです。

ということで。

細胞の活動を支えるビタミン・ミネラル

必要な素材やエネルギーを得て
肌の細胞はいろいろなものを作り出したり、
また自分自身を増やしたりするわけですが、

それを下から支えているのがビタミン類です。
たとえばビタミンB群は、上述した糖質、脂質、たんぱく質、
すべての代謝に関わるんですよね。

またビタミンCはコラーゲンを作るのに不可欠です。
アミノ酸という素材だけではコラーゲンはできないんですね。
ビタミンCという道具が必要。

またミネラルも不可欠で、
亜鉛などは細胞分裂のためになくてはならないことで知られています。

抗酸化物質

そうそう、上記のビタミン類ですけど、
ビタミンCやビタミンEは抗酸化ビタミンとして重要ですね。

活性酸素から肌を守ってくれるということで
これまた美肌にはなくてはならない栄養素ということになります。

となると抗酸化物質全般、たとえばポリフェノールなども
美肌のためには必要ですね。

それから。

腸が汚いと肌も汚くなる

体に吸収されるものではありませんが食物繊維。

これは肌に届くわけではないのですけど、
腸をきれいにすることで美肌に役立ってくれます。

腸内環境は見た目の年齢を左右するわけですが
腸が汚いと肌も汚くなってしまうということです。

こうして見ますと、
結局のところ、美肌のために役立つ栄養が何か一つあるわけでなく
バランスよくすべてとらなければならないということがわかりますね。