キャビテーション痩身のメリット・デメリット・副作用~痛い?あざができる?

痩身ホ法としてのキャビテーションとは何かについては
後半で詳しくお話しましょう。

ということで先に、キャビテーションによる痩身に
どんなメリットがあるかということについて
触れてみたいと思います。

キャビテーションは、超音波によって「泡」を発生させて
脂肪細胞を破壊してしまうという方法でしたね。

脂肪細胞を縮小させるのではなく減らす

普通、ダイエットというと、脂肪細胞を減らすのではなく
脂肪細胞を「縮小させる」ことになります。

ですので、油断するとまた脂肪細胞という「入れ物」に
脂肪がたまってしまって膨張してしまうわけです。

ところがキャビテーションは、その脂肪の入れ物自体を
壊してしまいます。

脂肪細胞を縮小させるのではなく数を減らすということですので、
原理的にリバウンドは起こりにくいといえます。

なぜなら脂肪細胞が増える時期は
赤ちゃんのころと思春期のころに限られていて、
成人してからはあまり増えないからです。

脂肪細胞の数を減らしてやせたのなら、
脂肪細胞が膨張したままでその体形というわけですよね。
それ以上太るのが難しいということになります。

キャビテーションと脂肪吸引の比較

ただ脂肪細胞の数を減らす方法としては
脂肪吸引という方法がありますよね。

これはキャビテーションに比べると効果が早く確実です。
しかし手術が必要ですのでその点でのリスクがあります。

リスクの低さという点では
キャビテーションのほうに軍配が上がるといえます。

早く確実に、ということであれば脂肪吸引でしょう。

次に。

部分痩せ可能

ダイエットというと、「部分痩せは無理」ということが
昔から言われてきました。

しかしキャビテーションの場合は、
体の一部に焦点を絞って脂肪細胞を減らすわけですから
むしろ部分痩せは得意であるといえます。

ですので、ダイエットをしたのはいいけど
胸がまずしぼんでお腹はなかなかやせない、
なんてことを、キャビテーションでは避けられるんですね。

部分痩せが可能であるということも
キャビテーションの大きなメリットといえます。

ということでキャビテーション痩身のメリットをまとめますと

  • リバウンドしにくい
  • リスクが低い
  • 部分や背が可能である

ということになります。

キャビテーションの副作用

まず心配なのは副作用といえるようなものはないか
ということですよね。

超音波で泡を発生させて脂肪細胞を破壊するわけですが、
「細胞を破壊する」と聞くと、なんだか危険な気がします。

たとえば痛いんじゃないかとか、
内出血してあざができるんじゃないかとか思いますよね。

でもキャビテーションにはこれがないんです。

それから、レーザー脱毛みたいに熱を使うわけではないから
火傷も当然ながらありません。

脂肪細胞だけじゃなくて肌とか血管とか筋肉とか内臓の細胞も
壊してしまうんじゃないの?なんて心配になりますが、
キャビテーションが働きかけるのは脂肪細胞だけなんです。

ということで、副作用と呼べるようなものは
これまでまったく報告されていないんですね。

骨伝導音

ただ、副作用はなくてもデメリットはあります。

超音波を用いるのですけど、これが骨に響きます。
骨に響くと、痛くはないんですけど、骨伝導音になって、
高い音が聞こえてくるんですよね。

施術中ずっと高い音が聞こえてきます。
ずっと「キーン」っていってます。^^;

稀に、これがいやだということで施術をやめてしまう人もいるようです。

それ以外のデメリットとしては、これは比較ということになりますが、
脂肪吸引に比べるとやっぱり、時間がかかります。
急激に脂肪が減ったりはしません。

そのかわり脂肪吸引みたいに、
おなかに穴をあける必要はありませんので
リスクは低いというわけでしたね。

エステのキャビテーション痩身とは~どういう原理で痩せる?

キャビテーションというのはもともと悪い意味で
使われていたみたいですね。

船なんかのスクリューが壊れてしまうことがあって、
原因不明だったんだけど、調べてみた結果、
キャビテーション現象で壊れていた、ということがわかったんです。

金属をも破壊する「泡」

キャビテーションというのは、まあ「泡」なんですけど
スクリューが回転することで水に圧力差ができて
そうすると、空気もないのに泡ができるんですね。

瞬間的に。

で、それが弾けることでスクリューを少しずつ傷つけて、
ついにはバラバラにしてしまうということだったんです。

それでこれ、エステに何の関係があるの?ということですが・・・

エステでは超音波を使う

エステだけじゃないんですけどね。
美容クリニックとかでも使うんですけど。

痩身用の機器ですからね、まさかこれ、
体の中にスクリュー入れるわけにはいきませんよね。^^;

で、どうするかというと、特殊な超音波を体に当てるんです。

それで、脂肪細胞の膜のそばで、瞬間的に泡を作るんですね。
その泡が弾けることで、脂肪細胞膜に徐々にダメージを与えて・・・

ついには脂肪細胞を壊してしまおう
というのが、エステとか美容クリニックで使う
キャビテーションの仕組みなんです。

脂肪細胞を破壊して減らす

つまりこれ、脂肪細胞の縮めて痩せようというのではなく
脂肪細胞の数自体を減らして痩せようというものなんですね。

脂肪細胞の数を減らすという点では
脂肪吸引と同じなのですけど、体を傷つけなくていい点で
キャビテーションにメリットがあるということですね。