エステのキャビテーション痩身とは~どういう原理で痩せる?

キャビテーションというのはもともと悪い意味で
使われていたみたいですね。

船なんかのスクリューが壊れてしまうことがあって、
原因不明だったんだけど、調べてみた結果、
キャビテーション現象で壊れていた、ということがわかったんです。

金属をも破壊する「泡」

キャビテーションというのは、まあ「泡」なんですけど
スクリューが回転することで水に圧力差ができて
そうすると、空気もないのに泡ができるんですね。

瞬間的に。

で、それが弾けることでスクリューを少しずつ傷つけて、
ついにはバラバラにしてしまうということだったんです。

それでこれ、エステに何の関係があるの?ということですが・・・

エステでは超音波を使う

エステだけじゃないんですけどね。
美容クリニックとかでも使うんですけど。

痩身用の機器ですからね、まさかこれ、
体の中にスクリュー入れるわけにはいきませんよね。^^;

で、どうするかというと、特殊な超音波を体に当てるんです。

それで、脂肪細胞の膜のそばで、瞬間的に泡を作るんですね。
その泡が弾けることで、脂肪細胞膜に徐々にダメージを与えて・・・

ついには脂肪細胞を壊してしまおう
というのが、エステとか美容クリニックで使う
キャビテーションの仕組みなんです。

脂肪細胞を破壊して減らす

つまりこれ、脂肪細胞の縮めて痩せようというのではなく
脂肪細胞の数自体を減らして痩せようというものなんですね。

脂肪細胞の数を減らすという点では
脂肪吸引と同じなのですけど、体を傷つけなくていい点で
キャビテーションにメリットがあるということですね。