肝炎のインターフェロン治療と副作用

【質問】
もう10年以上前から肝臓については検査をしておりまして、
肝炎であることははっきりしていますので
慢性肝炎ということになります。
それで先日、医師と相談していて
インターフェロンによる治療を
初めてはどうかという話になりました。
インターフェロンというと、
症状がひどい時に使うイメージがあるのですが
どうなのでしょうか?
また、どんな副作用の可能性があるのでしょうか?
【回答】
インターフェロンはウイルス性肝炎の場合に
よく用いられるものですので、
特に症状が重篤の時と限るものではありません。
むしろ、肝硬変や肝がんに進んでしまう前に
使ったほうがよいに決まっています。
副作用としては、たとえるならインフルエンザに
かかったような症状が出ます。
これはほとんどの人に出ます。
また、場合によっては脱毛や鬱などの
症状が出ることもあります。
ですので気分の変化は細かいことであっても
マメに医師に知らせるようにしましょう。
【メモ】
インターフェロンという名前を聞くと
すごい化学物質のように思えてしまいますけど、
これはもともと私たちの体内にある物質で
免疫システムに関わっています。
肝炎になるとこれが不足してしまって
ウイルスが増殖してしまいますので
外部から補うというわけです。