肝臓は沈黙の臓器

【質問】
うちの職場では毎年健康診断がありますが、
友人が血液検査で異常な数値が出たそうです。
なんでも肝臓に関する数値とのことですが・・・
友人によると、特に自覚症状はないので
別に精密検査の必要はないだろうと言っています。
ただ、紹介状を書くから検査を受けるよう
勧められているそうですけど・・・。
ほうっておくと危険なのでしょうか?
【回答1】
肝臓の異常は軽視すべきではありません。
肝臓は、体にとって有害な物質を分解したり、
必要な物質を合成したりしてくれるところですが、
あまりにも負担をかけすぎると、
肝細胞の破壊が進んでいきます。
そして、肝炎から肝硬変まで進むと、
多くの場合「手遅れ」となってしまいます。
でも今のうちに検査をして、
本当に異常があるということなら
早めに手を打つことができます。
自覚症状がない段階ですからね。
早めに手を打っていけば、
意外に簡単に健康は取り戻せます。
ですので、できるだけ早く検査は受けるべきです。
【回答2】
肝臓は沈黙の臓器と言われます。
つまり、ある程度悪くなっていても
自覚症状が出ないんです。
ということは逆に、自覚症状が出た時には
かなりひどい状態になっていると考えていいでしょう。
早めの検査をおすすめします。